植物の室内栽培始めました スピーディベジタブルで簡単に室内園芸ができる方法

家庭園芸栽培
スポンサーリンク

庭や畑で植物を育てるのは、
最近の炎天下に行うのはしんどいし、
難易度も高そうですね。

そこでおすすめなのは、『室内栽培』です。
屋内のちょっとしたスペースで誰でも簡単にできます。

室内栽培とは

室内栽培は、室内で植物を栽培するものです。

観葉植物やサボテンなどの多肉植物も室内栽培ですし、
今回私が行った野菜を栽培するのも室内栽培です。

育てるのはバジル

どうせなら
・種から育ててみたい
・収穫ができるものがいい

と考えました。
やっぱり成長の変化が見えると嬉しいですし、
収穫して料理に使えれば嬉しいですよね。

そう思い、ホームセンターコーナンで園芸コーナーを見ると良いものがありました。

スピーディベジタブル


『スピーディベジタブル』という種子シリーズですが、
50日間で収穫までいけるそうです。

一か月半の期間で収穫まで行けるなんて素敵ですよね!
実際に育ててみて、何日かかるか検証してみたいと思います。



室内栽培でバジルを育ててみよう

用意したもの

・スピーディベジタブルのバジル
・水でふくらむココヤシ培養土
・プランターと水受け皿

をコーナンで購入しました。
水で膨らむ培養土は最初はとてもコンパクトですが、
膨らむと縦10cm×横10cm×高さ10cmの大きさまで膨らむそうです。

その土の体積に合うプランターを購入しました。
10cm立方の大きさなので室内に置いても邪魔になりません。

受け皿はプランターの下から漏れてきた水を受けるのに必要なので、
同じサイズのものを購入しました。

培養土を膨らます

裏面に作り方が書いてありました。

この培養土には専用の袋がついていて、
もしプランターが無くても、
この袋をプランター代わりに使えるそうです。

まずは、画像左の袋を立体に広げて形を整えます。

そして、袋の中に培養土を入れます。
専用のものなのでサイズはぴったりです。

裏面の説明にも書いてありますが、
40ccの水をゆっくり流し込むと、

段々と培養土が水を吸ってどんどん膨らんできます。
大体3分ほどで10㎤の大きさになります

触った感じは普通に土です。
そして水分をよく含んでいます。

私はプランターを購入したので、
培養土をプランターに移しました。

予想よりも膨らんだため、土を手でしっかりと押して、
平らにならしました。



スピーディベジタブルの種を撒く

土の上にスピーディベジタブルのバジルの種を撒きました。
説明によると、土の中に入れなくてもよいとのことなので、
まばらに撒きました。

最後にプランターを窓際に置いて完了です。

植物の生長には日光が不可欠なのですが、
スピーディベジタブルの説明によると、
発芽にも日光が必要」だと書いてありますので、
最初から窓際に置いておきました。

あとは毎日朝晩水やりをしようと思います。
この培養土はとてもしっかりと水分を含みますので、
多少水やりをさぼっても大丈夫っぽいです。

まとめ

室内栽培の始め方、とっても簡単でしたね。

まだ栽培を始めて間もないのですが、
毎日水をあげています。

発芽するのがとても楽しみで、毎日様子を見ていますよ。

生長記録をブログで報告できたらなと思います。
みなさんも興味があれば初めてみてください。

おすすめ絵本一覧へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



コメント