ieGeekの折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンドは快適に寝ながら動画を見れます 収納もすっきり

スポンサーリンク
ガジェット

みなさんこんにちは、
お家でゴロゴロ大好きなしょうへーです。

最近はYouTubeを見たり、電子書籍で漫画を読むのにハマっています。
面白い動画や漫画を見るとついつい時間経ってしまいますよね。

でも長時間スマホやタブレットを持って見ていると腕が疲れたり、
肩が凝ってしまいますよね。

そんな時には寝転がって両手をフリーにしながらスマホ、タブレットが見れる、
ごろ寝スマホスタンドが便利です。

今回は『ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンド 寝ながらipadホルダー 軽量 高さ調整可能
を紹介します。

ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式ゴロ寝用について

この製品を見つけた経緯

私はスマホアプリのアンケートアプリでポイ活を毎日やっています。
ある日、アプリに表示された広告を見て衝撃を受けました。

寝ながらスマホを弄れるなんてなんて素敵なアイテムなんだと思い
すぐにamazonで調べました。

すると、これより安価なものでieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 を見つけました。
レビューを見て心配でしたが、
2000円ちょっとですのでもし良くないものでもダメージが少ないと思いポチリました。

結果的に台満足でした。

仕様など

メーカー:IeGeek
サイズ:組み立て時(最大):幅52×高さ38×奥行き24(cm)
折り畳み時:幅40×高さ9.7×奥行き7(cm)
重さ:380g
対応サイズ:iPad mini/iPad air/iPad2/3/4/ Nexus 7/ Vaio Duo 11/Kindle等

折りたたみ時は一つにまとまってコンパクトになっています。
大きさは牛乳パックを一回り大きくしたぐらいでしょうか。

組み立て時には写真の様に二足で自立してロボットに様になります。
上のつまみ部分の幅を調節してスマホやタブレットを挟みます。

重量も380gと、とても軽く持ち運びにも便利です。

組み立て方

外箱はこれです。
海外のメーカーですので、英語で文字が書かれています。

まず足を広げます。稼働する部分にはすべてロックがありますので、
しっかりと固定することができます。

次に足を三角に展開します。
関節部分はカバーをスライドさせてロックすることができます。

最後につまみを調節し、タブレットを挟んで完成です。
左右のつまみをを緩めると、
タブレットの角度を変えることができます。

寝転がりながらですので、画面が下向きにしないと快適に見れません。

箱の裏面の説明に方法が記されています。

組み立て方法はとても簡単でした。
つまみや関節の動きも固すぎず、柔らかすぎず、
女性でも簡単に組み立てることができます。



使用してみた感想

※写真はイメージです。

こんな風に寝転がって両手を使わずにタブレット、スマホを使用することができます。
両手がふさがらない、寝転がれるの二点はほんとに快適です。
自分の力はまったく使わなくていい、
まさに自堕落の極みです(笑)

注意点ですが、
写真の中でのスタンドの向きですと、
脇にスタンドの足の斜め部分があって邪魔になるので、
前後を逆にした方がいいです。
使い方間違ってしまいました。

足の幅が広くないので
両手が入らず、気を付けの姿勢で寝転がることができません。
なので両手はスタンドの外側に出す、大の字で寝ることになります。

また、スタンドの性質上、画面が完全に真下を向ことができず、
少し角度がついてしまうので、
頭の下に敷く枕も首が斜めになるように角度をつけるといいでしょう。

まとめ

ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンド 寝ながらipadホルダー 軽量 高さ調整可能』を紹介しましたが、いかがでしょうか。

アイパッドまでのサイズなら挟むことができ、
寝ながら使用することができます。

組み立ても簡単で、使用感も良かったです。
注意点としては足の幅が広くないので、男性が使用するには少し窮屈かもしれません。

それでも快適なスマホ操作ができるのでおすすめです。
値段も安価ですのでぜひお試しください。

おすすめ絵本一覧へ





コメント