きょうりゅうオーディション(絵本)いろいろな恐竜が特技を披露して、特徴を知ることができます

スポンサーリンク
絵本レビュー


『きょうりゅうオーディション』

たしろちさと 著
小学館 出版
おすすめ年齢:3~5歳児

■あらすじ■
恐竜の劇団「ベナートル」で新メンバーを募集していました。

劇団の代表はフクイベナートルという恐竜で、
歌って踊ることが大好きです。

フクイベナートルは劇団員を選ぶためオーディションを開催しました。

ブラキオサウルスやトリケラトプス、プテラノドンなど
いろいろな恐竜がオーディションを受けにきました。

それぞれが特技を披露してアピールします。
ブラキオサウルスは地上15メートルの高い高い。
プテラノドンは空を飛べる
などいろいろな姿を見せてくれます。

さあいよいよ劇団員の発表です。
果たして選ばれた恐竜は…




■レビュー■
子ども達の大好きな恐竜を題材にした絵本です。
オーディションというシチュエーションのため、
それぞれの恐竜の特徴を自然に表現されています。

日本の福井県で発見された恐竜の「フクイベナートル」が主人公なのも良いですね。
この絵本、福井県立恐竜博物館のお土産店にも売っていました。

福井県立恐竜博物館 世界最大規模の恐竜の骨格模型に日本で発見された化石も
福井県といえば、テレビでもよく話題にあがる 『恐竜博物館』に行ってきました。 この施設を知っていたのですが、 すごいすごいと言われていますが、 どうすごいのか知りませんでした。 今回は恐竜博物館のすごいところを記せたらなと...

恐竜が出てくるたびに簡単なプロフィールがあり、
恐竜の特徴を知ることができます。

例えばトリケラトプスなら、
「全長9m、おおきなえりかざりと3つの角が自慢」
といった様な情報が記されているので、
恐竜について自然と知識として詳しくなります。

恐竜達のアピールも笑えるものが多く、
面白いので読んでいて楽しくなってきます。

最後は恐竜達全員でミュージカルの様な出し物をするので、
子ども達も引き付けられるでしょう。

■読んだ子どもの姿■
3歳以上児だと、恐竜に興味を持っている子がいるので、
その子にとってとても嬉しい絵本になります。

「この恐竜知ってる」「ティラノサウルスだ!」
などと絵本を読むうちに反応がたくさん出てきます。

中には、ティラノサウルスが大きな声で唄う場面を見て、
「ジャイアンみたい(笑)」と言う子もいましたよ。

最後に全員でミュージカルをする場面を見て、
どの恐竜が何をしているかを探すような
絵本に引き込まれる姿が見られます。

この本を読むうちに恐竜に興味を持ち、
詳しくなれます。

子ども達が何度も読んでという様になる、
とても楽しい絵本ですのでぜひ

おすすめ絵本一覧へ

created by Rinker
¥1,430 (2020/09/29 21:09:57時点 楽天市場調べ-詳細)




コメント