電車通勤はデメリットだらけ 通勤電車ほんとに嫌いです

スポンサーリンク
ライフスタイル

みなさんは職場まで何を使って通勤していますか?

私は転職したため、自転車通勤から電車通勤に変わりました。
そのため、電車通勤の辛いところがたくさん見つかりました。

みなさんも感じたことがあると思います。

電車通勤のデメリット

通勤時間は混んでいる

まずはこれ、とにかくこれにつきます。

私は大阪に住んでいるのですが、
朝の通勤時に電車に乗ると乗客が多く、
とても混んでいます。

人が密集した中で目的駅まで立って過ごすのは本当に苦痛ですね。
あの嫌な感じに耐えている社会人が多数いることに日本の闇を感じます。

せめて座れたらいいのですが、
出発駅でない限り、座ることは不可能です。

電車の都合に振り回される

当たり前ですが、電車に乗る以上その電車の都合に振り回されます。

出発時間、到着時間は帰れませんし、
遅延や運転取り止めも発生します。

出発時間、到着時間が決まっている

これは私が自転車通勤から変わったのでより嫌に感じるのですが、
電車には運行ダイアが決まっています。

そのため、出発時間にホームに着いていないと目的の電車に乗れません。
電車によっては本数が少ないものがあるので、
乗り損ねると大変です。

また、到着時間も決まっているので、
遅刻してしまって、どれだけ急いでも、
電車はいつも通りの早さでしか到着してくれません
ドキマギした気持ちで乗車することになります。

また、職場の出社時間に対して、
最寄り駅に着く時間がギリギリだったり、
逆に時間が余り過ぎる便しかない時もあります

これは地味にストレスです。

遅延、運行停止する可能性がある

これが一番ストレスがかかります。

何せ、天候、災害、事故など、
自分ではない原因で電車が動かなくなるのですから、
たまったもんじゃありません。

想像してみてください。
土曜日まで勤務の週の、最後の勤務を終えた帰りの電車が遅延していたら
最悪の気分ですよね。

運行中止だともっと最悪です。
振替の路線まで行って、遠回りして帰らないといけません。

私の身にも何度か発生しました。
誰にもぶつけ様のない怒りが沸くのが分かります。



マナーの悪い乗客がいる

たくさんの乗客がいるため、
これも一定数目撃します。

・座席で足を広げて一人分以上席を使って座ってる奴
・乗り降りする人が多い駅でも頑なにドア前から動かない奴
・ホームで乗車待ちの列を平気で無視して割り込む奴

不特定多数の方が利用するので、
やはりマナーを守って気持ち良く使いたいですよね。
しかし人数が多いとそれだけマナーの悪い方も出てきます。

仕方ないのですが、気分は良くないですね。

駅までの移動、駅からの移動がある

これは自転車通勤と比べてなのですが、
電車内での移動距離と時間だけでなく、
自宅から駅、駅から職場までの移動が必要になります。

そのため、出勤にかかる時間が多くなり、
疲労も蓄積しますし、ストレスになります。

その点、自転車通勤なら、
ドアToドアで自転車に乗っている時間で着くので快適です。

まとめ

電車通勤のデメリットをつらつらと書きました。
私は電車通勤が本当に嫌です。
こんなにデメリットだらけの電車通勤なんて、
できることならやらない方がいいです。

満員電車のストレスは相当高いという研究結果も出ていますし、
これから通勤方法を見直す方は参考にしてください。

ちなみに私のおすすめの通勤方法は自転車通勤です。

自転車通勤はメリットがたくさん!気分リフレッシュで仕事にのぞめます
みなさんは職場へはどの様な方法で通勤しているでしょうか。 電車、徒歩、自動車など様々な方法がありますが、 私がおすすめするのは『自転車通勤』です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle...

おすすめ絵本一覧へ



コメント