福井県立恐竜博物館 世界最大規模の恐竜の骨格模型に日本で発見された化石も

スポンサーリンク
旅行記

福井県といえば、テレビでもよく話題にあがる
『恐竜博物館』に行ってきました。

この施設を知っていたのですが、
すごいすごいと言われていますが、
どうすごいのか知りませんでした。

今回は恐竜博物館のすごいところを記せたらなと思います。

結論から言いますと、予想以上のすごさでした!

福井県立恐竜博物館の基本情報

公式ホームページ
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:第2、第4水曜日、12月29日~1月2日

住所
〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
0779-88-0001

料金
観覧料:大人730円、高校・大学生420円、子ども(小、中学生)260円
幼児、70歳以上は無料

年間パスポート:大人2100円、高校・大学生1250円、子ども(小、中学生)780円

駐車場:無料(400台)、別に公園内に1500台駐車可能

博物館の観覧料としては730円と比較的安価なのが良心的です。
駐車場も無料なので車で気軽に行くこともできます。
年間パスポートは3回以上行く方は元がとれるのでおすすめです。

博物館という、勉強研究の参考になる建物ですので、
大学生も安い料金で観覧できるのも良いですね。

恐竜博物館内の展示

外観と概要

恐竜博物館はかつやま恐竜の森という敷地の中にあります。
イメージとしては姫路セントラルパークの様な感じで、
ゲート内の道路を進んだ先に博物館の入り口があります。

芸術的なブラキオサウルスのオブジェがお出迎えです。

コロナウイルス対策として、まず博物館の入館は予約制になっています
そのため、事前に日付と午前中か午後の指定をして、
HPで予約をしないと入館することができません

中に入ると3階建ての大きなドーム型の建物になっており、
建物のど真ん中をエスカレーターが通っており、
1階に降りて(入口は3階にあります)、2階、3階と上がっていく順路になっています。

博物館の建物はとにかく大きい
はっきり言って舐めていました。
写真では伝わりにくいですが、イオンモールぐらいの大きさを感じます。

建物の内部はいくつかのゾーンに分かれており、
1階:恐竜の世界ゾーン地球の科学ゾーン
2階:生命の歴史ゾーン
3階:ミュージアムショップ、20周年記念企画展 福井の恐竜新時代
となっています。

恐竜の世界ゾーン

恐竜博物館の目玉のゾーンになります。
まず最初に動くティラノサウルスがお出迎え。

家族連れが結構いたのですが、
怖いのか子ども達が泣いていました。
ドーム型なので泣き声がよく響いていました(笑)

恐竜の骨格模型が所狭しと並んでいます。

見て回って良いと思ったところは、
恐竜が種類別に展示されているところです。
例えば、トリケラトプス系などが固まっているので、
どこが似ていて、どこが違うのかを見比べることが容易です。

骨格のそばにはミニチュアの恐竜模型がありますので、
こんな姿だという参考になります。
骨格模型は大きいのですが、ミニチュアは低い場所にあり、
子どもの目線で見やすくなっています。

また、動く恐竜がところどころにおり
本当にジャングルで恐竜が過ごしているような姿が見られます。

ブラキオサウルスは本当に大きいですね。
食べられている木も相当高いです。

3階から見下ろした恐竜の世界ゾーンは圧巻です。
動物園の様な迫力ですので、
行かれたらぜひ上の階から見下ろしてみてください。



地球の科学ゾーン、生命の歴史ゾーン

この2つのゾーンは一般の博物館の様な内容になっています。

地球の科学ゾーンでは、
福井県で発掘されたフクイサウルスやフクイベナートルなどの骨格模型や
実際の化石が展示されています。

他にも火山岩などの鉱物についても展示されており、
勉強になります。

写真の中沸石なんて触ったらどんな感触なのかすっごい気になりませんか。

生命の歴史ゾーンでは、
人類がどう進化してできたのかや、
マンモスなどの生命の歴史についての展示がされています。

進化ってほんとうに不思議ですよね。

20周年記念企画展 福井の恐竜新時代

福井県立恐竜博物館は2000年7月4日に開館したので、
2020年現在で開館20周年を迎えたそうです。

おめでとうございます!!
案外新しい施設なのですね。

20周年を記念して、3階のミュージアムショップの横に
記念企画展 福井の恐竜新時代」というゾーンがありました。

ほぼすべてが福井県産の恐竜の展示なっています。

こちらは2020年の10月4日までの展示となっているのでご注意ください。

最初の福井県での化石の発見が、
鯖江市の女の子だということに驚きました。

恐竜発掘ランドで採れた化石も多数展示されていました。
現在進行形で化石が発掘されているなんてロマンがありますね。

発掘に参加すれば、もしかしたら展示されるかもしれない。
とても夢がある話ですね。

まとめ

福井県立恐竜博物館に行った感想を記しましたが、
いかがだったでしょうか。

福井県といえば恐竜博物館というのは間違いありません。
行ってみて本当に良かったです。

ドーム全体を使って恐竜の骨格模型をたくさん展示している様子は圧巻です。

大人でも楽しめますし、
子どもでももちろん楽しむことができます。
むしろ子どもを連れて家族で行ってみてはどうでしょうか。

おすすめ絵本一覧へ



コメント