神戸アンパンマンミュージアム 0歳児から楽しめる内容、海のそばで気持ち良い

スポンサーリンク
旅行記

神戸にあるアンパンマンミュージアムに行ってきました。
正式名称は『アンパンマン子どもミュージアム&モール』です。

子どもはみんな大好きなアンパン。
私しょうへーの娘も泣いた時にアンパンマンを見せると泣き止んで笑顔になるほど
アンパンマン好きです。

そのミュージアムということで期待していってきました。

・神戸のアンパンマンミュージアムはどういった施設なのか?
・0歳児でも楽しめるのか?
・離乳食、ベビーフードはどこで手に入る、食べられるのか

などお伝えしたいと思います。

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールの基本情報

・公式ホームページ
https://www.kobe-anpanman.jp/

・営業時間
ミュージアム:9:30~18:00(最終入館17:00)
ショッピングモール:10:00~18:00

・住所
〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6-2
078-341-8855

・料金
ミュージアム入館チケット:2000円~2500円(税込)(1歳以上から)
モールは入館無料

チケットは日によって値段が変わります。
日祝は2500円、土日は2200円、平日は2000円の場合がほとんどです。
詳しくはこちらhttps://www.kobe-anpanman.jp/guide/

入館チケットは入館したい日の1週間前から購入ができます
購入は「アソビュー」という購入サイトを使用します。

ちなみに入館チケットは1歳以上から購入のため、
0歳児は無料になっています。

駐車場

駐車場はミュージアム周辺にいくつかあるものを利用できます。
詳しくはこちらのページに載っています。

駐車場情報 | 神戸ハーバーランド
ショッピング・グルメ・アミューズメント・ウエディング・シネマエンターテイメント&ホテル 神戸の楽しみが光りきらめく街 神戸ハーバーランド

近さで言えば「umieモザイク駐車場」です。
モザイクの1階にあるので、車を停めてからミュージアムまですぐに着きます

駐車場台数が多いのは「umie立体駐車場、地下駐車場」です。
大型ショッピングモールumieの駐車場で、2400台も停めることができるので、
満車になることがありません。
(その代わり入り口から空いている停車場所まで距離があったりしますが…)

穴場の駐車場は「神戸情報文化ビル駐車場」です。
アンパンマンミュージアムから西に少し下ったところにあるビルの駐車場ですが、
目立たないのかあまり利用者がいないので空いています
ミュージアムへもすぐに着ける距離のためおすすめです。

神戸アンパンマンミュージアムはどんなとこ?

神戸モザイクの観覧車がある方向へ行くとアンパンマンとバイキンマンが描かれた壁が見えます。
そこがアンパンマンミュージアム&モールになっています。

1Fがショッピングモールになっており、2Fがミュージアムになっています。
入り口には光る大きなアンパンマンがお出迎え。
ここで写真撮影をしてる方がたくさんいました。
店員さんにお願いすればカメラのシャッターを押してくれるので、
家族で記念撮影もできますよ。

入場時にチケットを店員に見せると入館スタンプを手に押してもらいます。
ブラックライトで光るスタンプになっていて、
退館してもスタンプを見せれば再入場できます
ユニバみたいですね!

スポンサーリンク

ミュージアムの内容

ミュージアム内はアンパンマンの世界をイメージされた遊具やブースがあります。

神戸ということで、海をイメージしたアンパンマンのブースです。
船を操縦したり、液晶パネルには海で戦うアンパンマンの映像があったりと
子どもが興味を持てる装飾がされています。

店屋さんゾーン

パン工場やお店屋さんのセットに入ることができます。
どの店も窓が開いているので、子どもがそこから顔を出してお店屋さんになり切ることができますよ。

たんけんランド

探検ランドは、バイキン城があったり、
アンパンマンの世界のジオラマが置いてあります。

私の娘はSLマンのジオラマにくぎ付けでした。
電車が動く様子は子どもにとって嬉しいものですね。

のりもの広場

ミュージアムの真ん中にはアンパンマンに出てくる乗り物の遊具があります。
人気のアンパンマン号とSLマンがいました。

ゴールデンウイークで人が多かったですが、
みなさんマナーが良くて乗り物に順番に乗っていましたので、
気持ちよく利用できました。

乗り物の窓から顔を出せるので、
本当に乗っているような写真が撮れます。

子どもも大喜びでした。

みみせんせいのがっこう

たんけんランドの横にはみみせんせいの学校があります。

ここでは工作体験ができ、アンパンマンのお面の制作ができます。
うちの子は0歳児なのでまだ制作はできないのでやってませんが、

館内にはお面を付けた子どもがたくさんいました。
アンパンマンミュージアムに来たらマストでしたい体験ですね。

虹のすべりだい

虹色の滑り台があり、たくさんの子ども達が滑っていました。
GWで人が多かったので、補助をする店員さんが大忙しでした。

娘も大きくなったら滑らせてあげたい!

おはなしひろば

出口付近の階段を昇った先におはなしひろばがあります。

広いクッションマットと本棚にアンパンマンの絵本がたくさん置いてあります。

マットは靴を脱いであがることができ、
子どもと座って絵本を読むことができます。

うちの子もママに絵本を読んでもらって嬉しそうでした。
ちょっとした休憩スペースにもなりますし、
アンパンマンの絵本もたくさん種類があるのでぜひ行ってみてください。

離乳食、ベビーフードが食べられる、手に入る場所

小さい子どもを連れて遊びに来た時に、赤ちゃんが食べる物が無いと困りますよね。

神戸アンパンマンミュージアム周辺でベビーフードや離乳食が手に入る場所がありますので紹介します。

アンパンマン&ペコズキッチン

ミュージアム1Fショッピングモールにある「アンパンマン&ペコズキッチン」では、
店内で食べられる離乳食の販売があります。

家族で一緒に食べるならここが便利ですね。
ただし、土日祝は利用者が多く、混んでいます。

umie内にあるトイザらス&ベビーザらス

神戸モザイクと隣接している大型ショッピングモールumieの4Fにある
「トイザらス&ベビーザらス」
の中に離乳食やベビーフードが売られています。

もしベビーフードを持ってくるのを忘れた時はここに買いにいけば事足ります。

大きな店舗なので、子ども用お茶や哺乳瓶、エプロンなど
なんでもおいてあるため、もしもの時も安心です。

まとめ

神戸アンパンマンミュージアムは0歳児が行ってもとても楽しめました。

神戸ハーバーランドにあり、潮風が気持ちよく、
モザイクにはたくさんの飲食店、近くのumieは大型ショッピングモールなので
旅行におすすめです。

番外編ですが、ミュージアム内の子ども達はアンパンマンキャラのバルーンを持っていました。
これは1Fのショッピングモールの広場で売っています。

様々な種類のバルーンがあり、
輪ゴムで腕に付けてくれます。

ミュージアムに行ったらバルーンを買って、
お面を制作して、二つ装備するのが子ども達のルーティンになりそうですね。

赤ちゃんのご飯の心配もいらないので、
お出かけ先としてとてもおすすめです。

おすすめ絵本一覧へ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました