おひさまとかくれんぼ(絵本)友達と一緒に遊ぶ楽しさが伝わる仕掛け絵本

スポンサーリンク
絵本レビュー
スポンサーリンク


『おひさまとかくれんぼ』

たちもとみちこ 著
教育画劇 出版
おすすめ年齢:1~5歳児

■あらすじ■
こぶたちゃんがお散歩をしていると、
仲良しの動物達に会って、
「かくれんぼしようよ」と誘われました。

一緒にかくれんぼをしようとすると、
空から声が聞こえてきました。
「わたしもいれてくださいな」
その声はおひさまでした。

おひさまが隠れるから見つけてね、と言うので、
動物たちは10数えてから探しにいきました。

おひさまは隠れるのが上手でまったく見つかりません。
かえるさんやあひるさんに教えてもらって、
いろいろなところを探してみると…




■レビュー■
ぶたさんやくまさん、ねずみさんなどの動物が、
太陽であるおひさまとかくれんぼをするお話です。

登場人物が動物なので子ども達がとっつきやすく、
遊びもかくれんぼという人気の遊びのため、
絵本にとても興味を持ってくれます。

ストーリーがとても分かりやすく
お日様が隠れてからいろいろな場所に行き、
黄色い丸いものを見つけますが、
それはカメの甲羅だったり、ひまわりだったりと
違っていて、また次の場所を探すという展開です。

ページの一部分が丸くあいていて、
次のページの部分が見えている仕掛けになっていて、
おひさまだと思ってめくったら違っていた
ということを分かりやすく表現しています。

最後には水たまりに映ったおひさまを見つけ、
縦にページがめくれるようになっており、
めくると虹とおひさまがいるという仕掛けもあり、
とても楽しめます。

かくれんぼをしているのですが、
いろいろなところに散歩したり、
途中で雨が降ったのでこぶたさんの家に遊びに行ったり、
おやつを食べたりと、
子ども達が普段友達と遊ぶ時の様子が描かれています。

動物達の他愛のない姿を見て、
大人でも読んでいると楽しい気分になってきます。

■読んだ子どもの姿■
かくれんぼはみんな大好きなだけあって、
「もういいかい」「まあだだよ」
のやりとりの部分では子ども達も読み手と一緒になって
台詞を言ってくれます。

カエルなどがおひさまはあっちだよ、
と教えてくれると「どこかな」と探す姿がみられ、
黄色い丸を見つけるたびに嬉しい顔をし、
次のページをめくるとおひさまじゃなくて
残念だったり、笑ってしまう姿がありました。

台詞が簡単でページ数も多くないですが、
仕掛けや展開がどんどん進むため、
低年齢から高年齢まで楽しめる絵本といえるでしょう。

最後におひさまを発見するので、
終わりも良いものとなっています。

読んでいて楽しい気持ちになる絵本ですのでぜひ

おすすめ絵本一覧へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

おひさまとかくれんぼ [ たちもとみちこ ]
created by Rinker





コメント