絵本レビュー

絵本レビュー

とうふさんがね…(絵本)とうふのおっちゃんがかわいい冷ややっこになります

『とうふさんがね‥』 とよた かずひこ 著 童心社 出版 おすすめ年齢:0~4歳 ■あらすじ■ 大きなとうふのおっちゃんがネギをしょって走っていました。 それを見た小さい豆腐達が 「おっちゃんどこいくのー?」 ...
絵本の探し方

思いやりのある子になる、子どもにおすすめの絵本 友達との関わりを学べる絵本5選

保育園や幼稚園、子ども園に通う幼児年代は、 園でいろいろな友達と関わります。 仲良くなったり、ケンカしたりと家族以外の同年齢の友達と関わることは、 社会性を養う最初の一歩になります。 そんな子ども達におすすめの絵本を、 絵...
絵本レビュー

くろくんとちいさいしろくん(絵本)白いクレヨンの使い道を学べます

『くろくんとちいさいしろくん』 なかやみわ 作 童心社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ クレヨン達がお昼寝していると、 小さい白色のクレヨンが箱を開けました。 「ごめんなさい、間違いました」 そ...
絵本レビュー

ぎんいろのボタン(絵本)空を飛べるマントという子ども達の憧れを疑似体験!

『ぎんいろのボタン』 左近蘭子 作 末崎茂樹 絵 ひかりのくに 出版 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ 動物達が過ごす保育園には園長先生の「くませんせい」がいました。 くませんせいは人気者でいつも動物達が...
絵本レビュー

ぶたのたね(絵本)足の遅いオオカミという逆転の立場を描く

『ぶたのたね』 佐々木マキ 著 絵本館 出版 おすすめ年齢:1~5歳児 ■あらすじ■ あるところに足のとっても遅いオオカミがいた。 どれくらい遅いかというと豚よりも遅い。 足が遅いから、今まで一度も豚を捕まえた...
絵本レビュー

チョコたろう(絵本)困っている方にチョコレートを配る優しいチョコの話

『チョコたろう』 森絵都 文 青山友美 絵 童心社 出版 おすすめ年齢:2~4歳児 ■あらすじ■ チョコたろうはチョコレートから生まれました。 ママとパパはチョコレートだったからです。 チョコたろうが一人前の...
絵本レビュー

おーい おばけ(絵本)おばけに興味を持つ男の子の不思議な探検

『おーいおばけ』 末崎茂樹 著 ひさかたチャイルド 出版 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ 「遅くまで寝ないで起きてるとお化けが出るわよ」 ってお母さんによく言われるけど、 それって本当かな? と主人公...
絵本レビュー

ぼくのどうぶつえん(絵本)シンプルな構成にシュールな絵柄で読みやすい

『ぼくのどうぶつえん』 ねじめ正一 作 山村浩二 絵 すずき出版 出版 おすすめ年齢:1~4歳児 ■あらすじ■ ぼくは町にある小さな動物園に行きました。 その動物園の動物達はとても面白いです。 ライオンがたて...
絵本レビュー

ねずみのえんそく もぐらのえんそく(絵本)土を境に上下を上手く利用しています

『ねずみのえんそく もぐらのえんそく』 藤本四郎 著 ひさかたチャイルド 出版 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ ねずみ園ともぐら園では今日は遠足の日でした。 土の上と土の中でそれぞれが担任の先生の言うことを聞...
絵本レビュー

ガリバーのぼうけん(絵本)小人の国に迷い込んだ不思議なお話

『ガリバーのぼうけん』 武井直紀 文 井江 栄 絵 チャイルド本社 出版 おすすめ年齢:3歳~小学生 ■あらすじ■ ガリバーは世界中を旅している冒険家です。 船で海を渡っていたある時に大きな嵐に襲われました。 船が大...
スポンサーリンク