おおきくなるっていうことは(絵本)子どもが自分の成長を自然とイメージできます

絵本レビュー
スポンサーリンク


『おおきくなるっていうことは』

中川ひろたか 文
村上康成 絵
童心社 出版
おすすめ年齢:3~5歳児

■あらすじ■
「おおきくなる」ってどういうことなんだろう?
大きくなるとどうなるんだろう?

考えてみるといろいろなこと思い浮かびました。

おおきくなるってことは、
洋服が小さくなるってこと

おおきくなるってことは、
歯が生えてくるってこと

大きくなると、
水に顔を浸けられるし、
高いところに登れるし、
何でもかんでも食べたりしない

いろいろなことが出来たり、上手になってり考えられるようになります。

おおきくなるって素敵なことですね!




■レビュー■
子ども達は生まれてまだ間もないから子どもです。
お父さんお母さんや親せき、先生、兄弟など、
自分よりも大きい人達に囲まれて生活をしていますので、

大きくなることを自然と実感していますが、
具体的に大きくなるってどういうことなのかを描いた、
シンプルな絵本となっています。

水に顔が浸けられるようになる、高いところに登ることができる等
子ども達が成長の中で経験することを描いているため、
成長の見通しを子ども達に伝えることができます。

また、子どもの視点で表現されているので、
大きくなると「身体が大きくなって服がキツクなる」ではなく、
「服が小さくなる」という実際には違うのだけど、
子ども視点ではそう見える表現
をしていて、
とても子どもが感情移入しやすくなっています

大きくなるとできる内容も、
ただ単に技能が上達するような内容ばかりでなく、
「飛び降りても大丈夫かどうか考えられること」
「自分より小さい人が増えること」
など考え方についても触れていて、
年長児にも良い影響を与えてくれます。

左右の見開きページで段落が区切られているので、
読み聞かせる大人も読みやすく、
子どもも疲れずに見ることができるでしょう。

■読んだ子どもの姿■
3歳以上の幼児期に読んでみると、
自分の成長について考えるきっかけになると思います。

本を読んでいる途中に、
「ぼくも高いジャングルジム登れるようになった!」
「シャンプーで頭洗えているよ」
などと、自分できているかを報告してくれます。

下の兄妹がいる子なら、
弟や妹のことを意識するようになるでしょう。

当たり前の話ですが、年長児に向けて、
「年長さんが自分より小さい子が一番多いでしょ。
だから一番上のお兄ちゃんお姉ちゃんなんだよ。」
と読み聞かせ後に話すことにより、
年長児も大きくなった自覚が芽生えるきっかけになり、
それを喜ぶ姿が見られます。

読みやすくて、子どもの成長の見通しにもなる
とてもおすすめの絵本ですのでぜひ。

おすすめ絵本一覧へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

おおきくなるっていうことは/中川ひろたか/村上康成【1000円以上送料無料】
created by Rinker
¥1,430 (2019/11/14 05:30:54時点 楽天市場調べ-詳細)





コメント