ぞうきばやしのすもうたいかい(絵本)カブトムシやちょうちょ、カマキリなどいろいろな虫が相撲を取ったら誰が強い?

絵本レビュー
スポンサーリンク
広野多珂子 著
廣野研一 絵
福音館 出版
おすすめ年齢:2~5歳児
■あらすじ■
雑木林の中の一つの切り株の上で、
ぞうきばやしの相撲大会が行われました。
いろいろな昆虫達が集まってきて、
一対一の相撲の対決をします。
最初はカナブンとタマムシの勝負です。
「はっけよーい、のこった」
カナブンが見事タマムシを押し出しました。
次はダンゴムシとカマキリです。
体格差が大きいですが果たしてどうなるでしょうか…




■レビュー■
子ども達が大好きな昆虫による相撲の勝負が描かれています。
カマキリやカブトムシなどのカッコいい虫や
ダンゴムシなどの子ども達の身近にいる虫が出てくるので、
とても興味を持って聞いてくれます。
また、玉虫やオオムラサキなどの綺麗で珍しい昆虫も登場するので、
虫好きな大人も読んでいて楽しいです。
現実ではあり得ませんが、
どの虫も対決開始前はきちんと見合います。
勝敗のつき方も押し出しや投げといった実際の相撲の決まり手以外にも、
カメムシは匂いに気絶したり、シジミチョウはぐるぐる回って相手の目を回させたりと、
その虫にちなんだ決まり手で決着しているのも面白いですね。
虫の姿はとても丁寧に描写されており、
図鑑の様に、子ども達に昆虫の勉強をする教材にもなります。
話の内容も虫が出てきて相撲を取ることの繰り返しなので、
文章の区切りがよく、低年齢の子どもでも分かりやすくなっています。
■読んだ子どもの姿■
知っている虫が出てきた時には、
「カマキリだ」「クワガタ強そう!」などと言ったり、
「がんばれー」などと応援をする姿が見られます。
カマキリとダンゴムシの対決の場面では、
小さいダンゴムシがカマキリに勝つのを見て、
驚いたり、拍手する姿も見られます。
クラスに一人はいる、虫大好きな子どもが、
「これは〇〇って虫だよ」などと教えてくれたり、
その後戸外に出た時に虫を探すようになったりと、
絵本を読んでから虫に興味を持つことでしょう。
メジャーな昆虫から珍しい虫まで、
様々な虫が出てくるので、
どんな虫が出てくるかぜひ読んでみてください。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ





コメント