おひさまぱんころりん(絵本)勢いと雰囲気で読み聞かせられる絵本

絵本レビュー
スポンサーリンク
さくらともこ 再話
くるみれな 絵
PHP 出版
おすすめ年齢:2~4歳児
■あらすじ■
もりの中のパン屋さんが朝からいろいろなパンを作っていました。
そのいろいろなパンの中でもとびっきり美味しいのは「おひさまぱん」
できたてのおひさまぱんは外に遊びに行きたくなって、
パン屋さんを飛び出してしまいました。
待て待ておひさまぱん!
パン屋さんが走って追いかけますが捕まえられません。
逃げているおひさまぱんはねずみさんやいろいろな動物達に会って…




■レビュー■
まん丸でカワイイおひさまぱんは、
まるでアンパンマンに出てくるメロンパンナちゃんのような出で立ち
丸いのでころころ転がって逃げます。
逃げた先で出会った動物達はみんなおひさまぱんを食べようとしますが、
おひさまぱんは気が付いて逃げます。
気が付くというよりは、動物の方から「かじりたい」などと言っているのがカワイイですね。
バレバレで(笑)
最後のワニさんの背中に乗せてもらって、得意げに歌を唄うおひさまぱんが
憎めなくて癒されます。
特に難しい展開もなく、勢いで読めてしまうので、
年齢の低い1、2歳児の物語のある絵本の入門に丁度良いのではないでしょうか。
そういったことからおすすめします。
■読んだ子どもの姿■
途中に挟まれる歌を読み聞かせる保育士がリズムをつけて楽しそうな雰囲気で唄うと、
三回目ぐらいから子ども達も唄ってくれます。
僕もこの絵本を読む時には歌を唄うのですが、
未だに正しいメロディが分かりません(笑)
でも子どもは保育士が唄うと楽しい気分になり、
楽しい気分になると絵本に集中してくれます。
言葉が少ない年齢の子どもも笑顔を見せてくれます。
この本、おそらくはパンケーキのおはなし (ひかりのくにお話絵本)を著者がリメイクしたものと思われます。(違っていたらすみません)
なので「再話」と書いているのでしょう。
内容もより完結に、絵もかわいらしくしたものになっているので、
ぜひ見て見てください。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ




コメント