保育士2度目の転職活動記録 保育士→主任② 実際の活動動向

スポンサーリンク
保育士転職活動記

このブログの主しょうへーは10年以上も保育園に勤務している保育士です。

過去1度保育園を転職して違う園に行ったことがあります。
今回2度目の園を変える転職を行ったので、
その活動記録を残すと共に、
今後の何かの役に立てればいいなと思います。

前回の記事で「なぜ転職を決意したのか」
転職理由について記していますので、
そちらも参照してください。

保育士2度目の転職活動記録 保育士→主任①転職を決意した理由
私しょうへーは保育士としてし保育園に長年勤務しております。 保育が好きで保育士になったのですが、 勤務する園が自分に合わなかったり、人間関係などがつらい時があります。 そんな時に園を変える転職活動をしようと思っている保育士さん...

今回はしょうへーが実際にどの様に転職活動をして、
新しい園に入職したのかを記そうと思います。

※個人情報を特定されないよう、ところどころフェイクを入れています。
ご了承ください。

実際の転職活動

転職に対する構想は前々からあった

前の園を9年間勤めていたのですが、
10年目を目の前にして、急に「転職しよう」と考えたわけではありません

前回の記事のとおり、
前園での方針や職場環境に常々疑問を抱いていました。
しかし、自分自身は副担→主担→分野別リーダー、学年主任と
順調にステップアップしており、
保育の力も徐々についてきていたことや
保護者からの信頼関係もかなり固まっていたことなどから
転職に踏み切れずにいました。

踏み切れないというよりは、
まあ、今の場所でもそこまで悪くないし転職はかなりしんどいしいいいか
という状態でした。

そんなこんなで激務だった前園を2019年度も勤務していました。

2020年1月に不満が爆発

そんなこんなで2019年が終わり、2020年に入りました。
ここで事件が起こります。

前園は2月中旬に発表会があるのですが、
その発表会に力を入れ過ぎていました。

発表会といえば、劇、歌、ダンス、合奏などをしますが、
求めるレベルが高く、しかも園長、主任の了解が出ないと子ども達に保育でおろせません。
しかもその了解がなかなか出ない。変なこだわりがあるのでしょう。

なので、毎年この時期に退職を決意する方が多いのです。
きっと発表会のせいでしょう(笑)

しょうへーもその一人になりました。
9年間勤めていて、発表会関係が本当に辛いことは知っていましたが、
逆に「これがこの先何年も続くのか…」と考えてしまいました。

案の定なかなか園長、主任の了解が出ずに、
1月中旬に子ども達の保育におろすことになりました。
発表会は2月中旬です。たった1か月しか練習期間はありません
毎年インフルエンザが流行るため、クラス全員が揃うのも難しいでしょう。
しかも演技の出来はミス無しの完璧を求められます。(園長、主任から)
(子どものすることに完璧を求める時点で前園のおかしさが分かる…)

しょうへーは、教育的な保育は苦手じゃありませんでしたし、
とっても前向きでポジティブでした。
子ども達のためを思って、頑張って保育の中で練習しやり遂げました。

でもそこに達成感はありませんでした。
この園を辞めたいと思う気持ちのみ残りました



1月下旬に転職先を探す

なんど発表会の案を持っていっても了解が取れない1月中旬が過ぎてから、
転職先の園を探し始めました。

前回の記事であるように、
園長を目指していたため、
求人サイトのIndeedで「保育園 園長 大阪」と検索して
片っ端から求人を見ました。

園長、主任の求人は以外に多かったです。
時期が年明けにも関わらず、たくさんの求人がありました。

その中で、Twitterで教えていただいたのですが、
園長、主任になるなら株式会社の保育園がいいよ
というアドバイスを思い出し、
株式会社運営の園に絞りました。
(というより、園長の募集はほぼ株式会社の園でした)

そして3つの園(会社)に応募をしました。
応募の仕方はどれもメールフォームでした。
氏名、年齢、メールアドレス、電話番号、
保育士の簡単な経歴(認可園に何年勤めていたか)などを入力するだけで、
とっても簡単でした。

1月下旬~2月上旬 履歴書、職務経歴書を送る、面接日を決める

メールフォームで応募した後に、
3つともすぐに連絡が届きました。

そのうちの1つ(A社)はすぐに電話での連絡が来ました。
よっぽど求人を欲している印象を受けました。
早速面接の日程が決まりました。
ちなみに「園長は決まってしまったので、違う園の副主任はどうか?」
という打診を受けました。
とりあえず承知した旨を伝えました。

もう一つ(B社)はメールで人事の方からの返信でした。
履歴書、職務経歴書を送ることと
面接の日程の候補を教えて欲しいとのことでした。
2月中旬の発表会後の平日に都合をつけてもらいました。

最後の1つ(C社)ですが、
園長に採用することはできないとのことでした。
私の年齢(34歳)では若すぎるということ。
もっと経験年数がある方を優先するとのことでした。

「ほいとも大阪」に自動的に登録される

C社の園の園長はダメだったのですが、
C社応募のメールフォームを送った時に、
自動的に転職支援サイトに登録されたみたいです。

私の場合は「ほいとも大阪」さんでした。

大阪の保育士転職・求人なら【ほいとも大阪】
現在の大阪府の公開求人数:3,763件 大阪に特化!保育士・幼稚園教諭のお仕事探しなら「ほいとも大阪」。大阪府の求人情報を3,000件以上掲載。沿線や市区町村の検索が可能。保育士さんの友だちのような存在を目指して、大阪地区トップクラスの保育士転職応援サイトです。

どうやら求人の応募フォームがほいともに登録するフォームを兼ねていたみたいで、
園長の求人は不採用の通知もほいともの職員からの連絡でした。

転職自体2回目でしたし、転職エージェントなどを利用したことが無かったので、
最初は不信感や鬱陶しいなと思いました。
だって勝手に転職活動を手伝ってくれるのですから、
頼んでもないのに戸惑いますよね。

電話確認で利用料は無料と確認したので、
とりあえず使えるものは使おうと思い、
その他の園長の求人を探してもらいました。

その時、勤務地(大阪のどの辺がいいか)、給料などの希望を伝えました。

すると新たなD社の主任採用募集を持ってきてくれました。
早速応募する旨を伝えて、面接日を決めました。(同じく発表会後)

D社に関しては転職エージェントの方と電話やLINEでやり取りをしたのみで、
D社の方とは直接やり取りせずでした。

2月下旬 面接を受ける

発表会も無事終わり、保育園は新年度までの間少しゆったりの期間になり、
予定していた3つの園の面接を受けました。

まずA社ですが、
自分の不勉強だったのですが、院内保育所の園長の求人でした。

筆記試験と面接を行われました。
保育士としての経験年数が10年以上なこと、
男性保育士のため、夜間の勤務も安全なことから、
あっさりと採用内定をいただきました。
ただ、他2園とも比べたかったので、とりあえず保留をしました。

同日の昼にD社の面接がありました。

採用活動2件目なうえ、このD社の試験がしんどかったです。
とても長い会社の説明、難しい筆記試験、長い面接と
めちゃくちゃ疲れました

ただ後日、転職エージェントから最終面接に進めたことの連絡がありました。
しかも会社側は私を高く評価してくれたそうです。
ただ、ここでも会社側と直接のやり取りは無く、エージェントからの連絡だけでした。

その次の日にB社の面接がありました。

こちらは採用担当者の方との2時間ぐらいの面接でした。
この採用担当者さんがすっごい良い方で、
採用するに当たって「こういう人材を欲している」、
「我が園はここが弱い」といったことを的確に話してくれたり、
逆に「しょうへーさんはこの部分を経験した方が園長に近づける
といったことを話してくれました。

私の経歴もすごい誉めていただけたし、
自分の伸ばすべきポイントについても知ることができたので、
2時間と長かったですが、とても良い面接だったように思います。

採用の内定をもらいましたが、園長主任でなく、いち保育士としてでした。
園はいくつかあるため、見学と園長との面談で配属先を決めるとのことでした。
とりあえず他と比較するため、保留しました。

3月上旬 一つに絞れず焦る

3園受けた結果、
内定が、院内保育所の園長(A社)、認可保育園の保育士(B社)。
最終面接に進んだのが認可保育園の主任(D社)
という状況でした。

ここで一度3園を比べました。
勤めることができるのは1園のみです。

A社は私が目指していた園長というポジションをいただけましたが、
病院内の保育所でした。さらに給与も多少良さそうに見えましたが、
基本給は圧倒的に低く、手当で水増しというものだったので、
ボーナスなども低いことが予想されました。
(ボーナスは基本給×何か月の場合が多い)

そのためA社には内定辞退の連絡を入れました

次にB社とD社ですごく迷いました。
どちらも私のことをすごく評価してくれています。

最終的にはD社を選びました
決めてとなったのは、
・主任での採用ということ(いち保育士ではなく)
・前園の退職理由である「若手を育てる環境が無い」という点が、
 D社は独自のOJT制度を持っていることを知ったため安心できる
・会社独自の研修制度や資格制度があり、向上心があれば、
 仕事や給与に反映されること
などです。

過去転職をしているとはいえ、
転職はしないに越したことはないので、
長く働ける園はよりどっちかと考えると、
D社に転職先を選ぶこととなりました。

そのため、B社には内定辞退の連絡を入れました。
とても心苦しかったですが、礼儀を持って連絡しました。

後日のD社の最終面接に合格し、採用が決まりました

まとめ

私の体験になってしまうのですが、
2度目の転職はこの様な感じで進みました。

1月下旬から3月上旬で決まりましたので、
1か月ちょっとで採用が決まりました。
結構スピーディに進んで良かったです。

最初に園長採用を目指していましたが、
年齢、経験的に難しいことや
意外と園長の求人が多いことを知れたので良かったです。

次は今の保育園業界がどう採用に影響しているかを記したいと思います。

保育士の中途採用はまだまだ珍しいので、
これから転職される方の参考になればと思います。

おすすめ絵本一覧へ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



コメント