2018-05

絵本レビュー

ちがうねん(絵本)台詞と絵の違いがついツッコミたくなります

『ちがうねん』 ジョン・クラッセン 著 長谷川義史 翻訳 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ 海か川か分かりませんが、 一匹の小さな魚が泳いでいました。 その魚の身体の大きさにぴったりの帽子をかぶっていました。 でも...
絵本レビュー

ポテトむらのコロッケまつり(絵本)スケールの大きさや企画の細かさに子どもは驚き、大人も共感します

『ポテトむらのコロッケまつり』 竹下文子 著 出口かずみ 絵 教育画劇 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ ポテトむらに住んでいるポテトおばさんが、 畑いっぱいにじゃがいもを育ててつくりました。 収穫したじゃが...
絵本レビュー

おにぎりにんじゃ(絵本)おにぎりが使う忍法に子どもは夢中になる

『おにぎりにんじゃ』 北村裕花 著 講談社 出版 おすすめ年齢:2~4歳 ■あらすじ■ のりまき城に仕えるおにぎりにんじゃに殿様から指令がありました。 なんでも城に伝わる伝説の巻物がのりまき城のやつらに盗まれてしまったらしい...
絵本レビュー

おおきなかぶ(絵本)繰り返しとはっきりしたオチが子どもを引き込む名作です

『おおきなかぶ』 A・トルストイ 再話 内田莉莎子 訳 佐藤忠良 絵 福音館 出版 おすすめ年齢:1~5歳 ■あらすじ■ おじいさんが庭にかぶの苗を植えました。 「大きなカブになれ、甘いカブになれ」と世話をすると、 と...
絵本レビュー

オオカミがやってきた!(絵本)普通とは逆の立場を描いたユーモアある作品

『オオカミがやってきた!』 うちだちえ 著 山口マオ 絵 童心社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ あるところにひつじ達が暮らすひつじの村がありました。 自分達で家を建てたり、畑を耕して暮らしていました。 ...
絵本レビュー

りんごかもしれない(絵本)何気なくあるものを疑うことで空想が広がる楽しい絵本です

『りんごかもしれない』 ヨシタケシンスケ 著 ブロンズ新社 出版 おすすめ年齢:4~5歳児 ■あらすじ■ ある日、学校から帰った僕がテーブルを見てみると、 一つのりんごがありました。 でもこのリンゴ、”リンゴじゃないのかも...
絵本レビュー

ぼくだけのこと(絵本)他の子とは違う自分だけのことを見つけよう!

『ぼくだけのこと』 森絵都 著 スギヤマカナヨ 絵 偕成社 出版 おすすめ年齢:4~5歳児 ■あらすじ■ 主人公のようたくんは、ぼくだけのことを探すのが好きです。 兄弟の中で一人だけ「右のほっぺにえくぼがある」ことや 家...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました