絵本レビュー

スポンサーリンク
日本昔話(童話)

さんまいのおふだ(絵本)不思議なお札の力とおしょうさんのとんちが面白い

『さんまいのおふだ』 石崎洋司 文 大島妙子 絵 講談社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ 昔々あるお寺におしょうさんと小僧さんが暮らしていました。 ある日、おしょうさんが小僧さんにお使いを頼みました。...
絵本レビュー

くろくんとなぞのおばけ(絵本)最初のホラー展開からの家族について考えさせられる

『くろくんとなぞのおばけ』 なかわみわ 作 童心社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ くれよん達はケースで寝ていました。 朝、目が覚めると「きいろくん」がいません。 心配になってみんなできいろくんを探し...
絵本レビュー

あと、いくつ?(絵本)大切な日を指折り数える楽しみ

『あと、いくつ?』 ひろかわさえこ 著 アリス館 出版 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ たぬきのくるみちゃんはカレンダーをじっと見ていました。 おばあちゃんの家に行く日はいつなのかをお母さんに尋ねました。 ...
絵本レビュー

むしたちのうんどうかい(絵本)虫の生態や特徴にのっとった楽しい運動会

『むしたちのうんどうかい』 得田之久 文 久住卓也 絵 童心社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ はやしの中の広場で、虫達による運動会が行われました。 入場行進をして、トノサマバッタの園長先生の挨拶が終...
絵本レビュー

とけいのおうさま(絵本)時計についての基礎知識や時間を守ることの大切さを知れます

『とけいのおうさま』 こすぎさなえ 作 たちもとみちこ 絵 PHP にこにこ絵本 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ あるところに「時計の国」がありました。 時計の国の王様の顔には二本の針があり、時計の様...
絵本レビュー

きつねのかみさま(絵本)縄跳びを通してきつねと仲良くなる不思議なお話

『きつねのかみさま』 あまんきみこ 作 酒井こま子 絵 ポプラ社 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ 私と弟のけんちゃんがおやつを食べ終わった時に、 公園に縄跳びを忘れてきたことを思い出しました。 木の...
絵本レビュー

ぼくはうちゅうじん(絵本)星や宇宙など天体についての入門絵本

『ぼくはうちゅうじん』 中川ひろたか 文 はたこうしろう 絵 アリス館 出版 おすすめ年齢:4歳~小学生 ■あらすじ■ 僕とお父さんとお母さんとでキャンプにでかけました。 夜にお父さんが僕を起こして、 「もうすぐ...
絵本レビュー

どんぐりむらのぼうしやさん(絵本)新しい場所で店を出す時の難しさに触れられます

『どんぐりむらのぼうしやさん』 なかやみわ 作 学研 出版 おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ どんぐりむらには帽子屋さんがありました。 のっぽの「ぽー」、ちいさな「ちい」、くるくるまきげの「くりん」の 三...
絵本レビュー

せつぶんだ まめまきだ(絵本)節分になぜ豆をまいたり、柊イワシを飾るのかが分かる本

『せつぶんだ まめまきだ』 桜井信夫 作 赤坂三好 絵 教育画劇 出版 おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ 節分の日には「鬼は外!福は内!」と言って豆をまいたり、 柊の葉のついた枝にイワシの頭を刺した柊イワ...
絵本レビュー

かいじゅうたちのいるところ(絵本)暴れん坊マックスの不思議で楽しい体験が味わえます

『かいじゅうたちのいるところ』 モーリス・センダック 作 じんぐうじてるお 訳 冨山房 出版 おすすめ年齢:4~5歳児 ■あらすじ■ ある日、暴れん坊のマックスが オオカミの着ぐるみを着ていたずらや脅かしなど、...
スポンサーリンク